グラッシュビスタでまつ毛は本当に長くなるの?効果と購入方法

グラッシュビスタを処方してもらうにはどうしたらいい?

 

長ふさまつ毛をキープする最強の方法

 

美容コスメ研究家のLinaです!

 

若い女の子を中心に「グラッシュビスタ」というまつ毛育毛剤が流行しているのをご存知ですか。

 

グラッシュビスタ外用液

 

SNSなどでも「グラッシュビスタ」試してみたい!という声をよく見かけます。

 

グラッシュビスタとは、化粧品メーカーが出している人気の「まつ毛美容液」ではありません。

 

医師が処方する、医薬品のひとつなのです。

 

グラッシュビスタは「まつ毛貧毛症」の治療に使われます。

 

こう書くと「まつ毛を増やしたい(長くしたい)けど、病気って程では…」「治療ってなんか怖い」と思われるかもしれませんね。

 

まつ毛貧毛症とは、重大な病気ではなく「まつ毛が少ない」「まつ毛が短い」「まつ毛がまばら」といった症状をさします。

 

つまり、現代女性の多くが当てはまっていると言っても良いでしょう。

 

「まつ毛がふさふさで長くて困っちゃうわ」なんて女性はごくわずかですよね。

 

塗り重ねるマスカラ、カールさせるビューラー、グルーを直接塗り付けるまつ毛エクステ…

 

日本女性のまつ毛はストレスだらけ

 

髪以上にまつ毛が傷んでいる人が多いでしょう。

 

グラッシュビスタ口コミ

 

そんなまつ毛の悩みの救世主として誕生したのが「グラッシュビスタ」なのです。

 

日本では唯一、厚生労働省が承認したまつ毛貧毛症の治療薬となっています。

 

グラッシュビスタの有効成分は「ビマトプロスト」0.03%です。

 

ビマトプロストはまつ毛を長く、太く、濃くしてくれる成分ですが、なぜそのような効果があるのでしょうか。

 

じつはこのビマトプロストは、まつ毛の「毛周期」に影響します。

 

まつ毛は髪の毛と同じように、生えたり抜けたりを繰り返しています。

 

髪の毛は3〜6年というサイクルですが、まつ毛は3週間?4か月と短いので、ずっとは伸び続けないのです。

 

エクステやゴシゴシ洗顔で無理な刺激を与えると、まつ毛は抜けやすくなります。

 

そうなると毛周期サイクルはさらに短くなり、伸び切る前に抜けて、全体的に短くまばらになってしまうのです。

 

ビマトプロストはまつ毛の毛周期のサイクルを長くします

 

まつ毛の「生える」「育つ」期間が長くなるので、結果的に太さや長さ、密度が増えるのです。

グラッシュビスタを処方してもらうデメリットとは

まつ毛の生育に効果があるグラッシュビスタですが、使うまでには大きな壁があります。

 

それは、医師の処方箋が必要となるからです。

 

グラッシュビスタ効果はどうか

 

国の承認薬なので効果や安全性、信頼性は確かなのですが、処方までの道を「面倒」だと感じる女性も少なくないようです。

 

まず、専門の医師に「まつ毛の悩み」を相談する必要があります。

 

まつ毛貧毛症を診てもらえるのは皮膚科、内科、眼科、形成外科、美容クリニックなどです。

 

どこでも診察可能というわけではなく、ある程度検索して探し出す必要があります。

 

とくに地方ではクリニックの数が少ないかもしれません。

 

さらに、医師に診てもらっても「まつ毛貧毛症」と診断されるかどうかはわかりません。

 

場合によっては、生活習慣の指導やケア方法の指導だけで終わることもあります。

 

「グラッシュビスタ目当てでクリニックに行ったのに、今さら洗顔の指導をされても…」

 

と思うこともあるでしょう。

 

最後に、まつ毛貧毛症の治療は「自由診療」です。

 

グラッシュビスタ保険適用されるか

 

保険が適用されず、全額自己負担となります。

 

初診料、処方箋料、グラッシュビスタの代金…思ったよりも高額になる可能性はあります。

 

一般的に、グラッシュビスタの価格は5mlで1万円を大きく超えるようです。

 

病院に行く時間と手間、そして費用を考えると、「グラッシュビスタは無理かも…」とあきらめてしまう人がいるかもしれません。

 

そんな人におすすめしたいのが、同成分、同効果の医薬品の「個人輸入(普通の通販)」です。

グラッシュビスタとまったく同じ成分&効果の医薬品「ルミガン」

海外の医薬品は、個人が自分で使う目的であれば処方箋なしで輸入することが合法となっています。

 

個人輸入(普通の通販)を利用するメリットは

 

・中間業者が入らないから格安である
・直接自宅まで届くので手間や時間がかからない
・海外の最新の薬がいろいろ試せる

 

などです。手続きや言語の問題は個人輸入代行店を利用することでクリアできます。

 

じつはグラッシュビスタの有効成分である「ビマトプロスト」自体は、わりと昔からある医薬品です。

 

グラッシュビスタ副作用はあるのか

 

もともとは緑内障の薬として使われていて、「まつ毛が伸びる」という副作用が注目され、後に美容用の「グラッシュビスタ」となったのです。

 

同成分で、グラッシュビスタよりも前に存在していた医薬品が「ルミガン」です。

 

ルミガンの有効成分は、ビマトプロスト0.03%とグラッシュビスタとまったく同じとなっています。

 

グラッシュビスタとの違いはおもにふたつあります。

 

ひとつは用量。グラッシュビスタは5ml、ルミガンは3mlです。

 

もう一つは付属品。グラッシュビスタは専用のブラシがありますが、ルミガンはないので自分で用意する必要があります。

 

といっても、綿棒などで簡単に代用できます。

 

店舗によって価格は上下しますが、ルミガンは本当に安いです。

 

同じ成分でなぜここまで差が付くのか驚くかもしれません。

 

このへんはご自分の目で確かめてみてください。

 

ルミガン通販

ルミガン三ヶ月チャレンジ!まつ毛はどこまで育ったか

海外からの発送ですが、一週間ぐらいで自宅に届きます

 

ルミガンまつ毛を伸ばす

 

こちらがルミガンです。もともとは点眼薬なので、見た目も目薬といった感じですね。

 

ルミガン点眼液

 

使い方は簡単で、まつげの生え際に塗布するだけです。

 

ルミガン色素沈着はあるか

 

基本的に、ルミガンは夜寝る前、お風呂に入った後に利用するのが良いでしょう。

 

朝は忙しいですし、寝ているときにターンオーバーは進みますからね。

 

メイクは落とし、スキンケアを終わらせます。コンタクトは取ったほうが良いでしょう。

 

ルミガン正規品

 

細いブラシや綿棒にルミガンを1滴たらします。

 

実は、ルミガンを購入するとアプリケーターが付いてくるので普段はそれを使います。

 

今回は、あえて違うものを使いますね。

 

本当に1滴だけで十分。

 

量が多いほど伸びるわけではないですし、色素沈着などをさけるためにも、付け過ぎは避けましょう

 

アイライナーをつけるように、すーっとまつ毛の根元にブラシを動かします。

 

軽く湿った程度で大丈夫です。

 

ルミガン効果について

 

まつ毛の根元以外についてしまったら、丁寧に拭きとっておくのもポイントです。

 

一度使ったブラシや綿棒は必ず捨てましょう!

 

目はデリケートな部分ですから、衛生面はしっかり守りましょうね。

 

ルミガン副作用はあるか

 

これらを毎日繰り返します。

 

初めは少し手間取りますが、慣れると5分もかかりませんよ。

 

私の場合、初日だけウズウズとしたかゆみを感じましたが、それ以降の副作用はありませんでした。

 

よく言われている「色素沈着」も、必要以上に付け過ぎないこと、余計な液体は拭きとることを意識していれば問題ないようです。

 

ルミガンにジェネリックはあるか

 

こちらがルミガン使用の一か月後、三か月後の目元です。

 

ルミガンとケアプロスト

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ルミガン価格は安い

 

かなりの差がわかりますね。エクステ、マスカラは不使用の状態でこれです。

 

すっぴんの印象が大きく変わりました。

 

アイラインがなくても目が大きく見えますし、デカ目コンタクトがなくても、まつ毛の密度が濃いおかげで黒目がちになります。

 

ちなみにルミガン使用前はまつ毛がまばらで、目を伏せてもほとんど影ができない状況でしたから、一ヶ月だけでもまつ毛が増えているのがわかります

 

ルミガン通販

ルミガンをリピートすればマスカラ&エクステいらず

まつ毛がしっかり育つと、朝のメイク時間が短縮されるので、他のケアに時間をかけることができます。

 

アイメイクがすぐに終わるので、素肌や口元まで気を配ることができるのはとても助かりますね。

 

グラッシュビスタでマツエクいらず

 

濃さ、長さが出るだけではなく、まつ毛のツヤや張りも増します

 

これまでビューラーで立てないとふにゃふにゃしていたまつ毛も、自然とカールが出ますし、黒色が濃くなって色っぽさが増しますよ。

 

マスカラやまつエクがなくても、目力が増して、こモテ度がかなり変わってくると思います。

 

ただし、残念ながらグラッシュビスタもルミガンも毛周期に働きかけるだけなので、使用を止めるとまつ毛の状態は元に戻ります。

 

長く濃くなった後も使い続ける必要があるのです。

 

長くリピートすることを考えると、やはり安価で購入できる「ルミガン」が個人的におすすめです。

 

ルミガン通販